\新宿駅近の最安値/通い放題インドアゴルフスクール

ゴルフステーション新宿

新着情報

ホーム > コースデビュー! 何を練習すればいいか【その3】

スタッフブログ

コースデビュー! 何を練習すればいいか【その3】

コースデビュー! 何を練習すればいいか【その3】     皆さんこんにちは。 ゴルフステーション新宿の齋藤です。     新宿のスタジオから これまで1000人超の初心者の方を ゴルフデビューさせてきた経験から、 今回はゴルフへ行く迄に習得して おかなくてはならないクラブ についてご紹介します。     今回は【その3】パターです 初心者の方でも、パターは知っていると 言う方は、非常に多いと思います。 実際、パターとは何か?     パターは、他のクラブと違って、 主にグリーン上でボールを転がす為に使用するクラブです。 パターは、距離感と方向性がとても重要となり、 ドライバーで300ヤード近く飛ばしても1打は1打、 パターで数十センチ転がしてもやはり1打は1打です。 要するに、パッティングが上手い方は、スコアがいい。 プロのトーナメントで、パッティング出来いかんで 勝敗が決まると言っても過言ではないでしょう。 グリーン上でのパット数を減らす事こそ、 ベストスコアー更新につながります。   ですので、パターの練習は大事。 コースデビューまでには覚えましょう!     次にパターの種類などを少し紹介。 買う際の参考にしてください!

パターヘッドの形は大きく分けて4種類

ピンタイプ:パターの代表的な形でプロにも愛用者が多い

ピンタイプ
 

L字タイプ:見ためからこう呼ばれる操作性重視の形

L字タイプ
 

T字タイプ:パチンと打つのに適した薄めのヘッド

T字タイプ
 

マレット型:投影面積が大きく目標に構えやすい

マレット型
 

反動を使わないパターこそ形状や重心位置が重要

 

パターのヘッド形状は大きく分けての4つに分類されているよ。

ピンタイプ、L字タイプ、T字タイプ、マレットタイプ

  • ピンタイプ  :バランスが良く各タイプの良さを持ち合わせている
  • L字タイプ  :操作性が高くて、アイアンと同じように振れる
  • T字タイプ  :ボールをパチンとヒットする打ち方がやりやすい
  • マレットタイプ:直進性の高いボールが打ちやすい 芯を外しても転がりの差が少ない
     

それぞれのタイプでさらにまた形が違うモデルが多いのは、得意分野を増やしたり、苦手を減らしたりする為。 見た目で構えやすくするための工夫の場合もある。

例えばL字型は、元々はT字型のように細長いモデルでしたが 構えやすさやミスに強くするために ヘッドの奥行を深くした “L字マレット”が現在は主流になっています。
現在は構えやすさやミスに強くするためにL字マレットが主流
パターの操作性は、シャフトの軸線から芯までの距離で見分けがつく。 長ければ長いほど操作性が高くなります。 ピンタイプやマレットタイプにはネックの形が 違うものが数種類あるんだけど、 ネックの話は細かくなるのでまた次回!
    と言う事で、パターは覚えましょう! ゴルフステーション新宿では、初心者向けレッスンの中に、パターの基本セットアップなど打ち方のレッスンが御座います。 興味あれば、是非スクールにお越し頂きレッスン受講してみたください! 今なら体験レッスン1回(50分)/¥1,000(税別)で行っております。 ↓↓↓↓ /booking.html   お申込みお待ちしております!  
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフスクール・レッスンへ
会員の方&初回体験希望の方 レッスン予約フォーム
会員の方&初回体験希望の方 レッスン予約フォーム
会員の方&初回体験希望の方 レッスン予約フォーム
会員の方&初回体験希望の方 レッスン予約フォーム
お客様の声

公式アカウント

から検索

ID:@gqb1178p

QRコードで読み取り

LINEで友達追加!
ゴルフステーション新宿

営業時間:10:00~22:00

日曜のみ :9:00~21:00

電話番号:03-6304-5455

INFORMATION