24時間営業スタート

\8,800円(税込)~ 新宿駅近の最安値/
通い放題インドアゴルフ練習場&ゴルフスクール

ゴルフステーション新宿

               

24時間営業スタート

通い放題インドアゴルフ練習場&ゴルフスクール

ゴルフステーション新宿

新着情報

ホーム > 新着情報
...サイト更新情報 ...特別レッスン・イベント ...キャンペーン情報 ...スタッフブログ

新着情報

【プロブログ】プレー中のマナーについて

「プレー中のマナーについて」

こんにちは! ゴルフステーション新宿の阿部です。

今年は早めの梅雨入りになりそうですが、ゴルフ場は混んでますね!!

そして最近のゴルフブームで、コースの客層も明らかに変化しているように感じます。

そこで皆さまに注意して欲しいマナーがあります。

それが「プレースピード」です。

プレーが遅いゴルファーは他の組にも迷惑をかけているので、

ゴルフ場から注意を受ける事も多々あります。

そこで、遅くなる要因の一例と対処法を取り上げてみたいと思います。

1.自分の番が来てから準備を始める。 ※他のプレイヤーがプレーしている間に

迷惑にならないように注意しながら素振りまで済ませておくとGOOD。

2.素振りの回数が多い ※不安な気持ちはわかりますが、クイックに2回までと決めましょう。

3.構えてから打つまでが長い ※色々と注意点があるとは思いますが、

構えてから3秒で打つつもりで思い切りよくプレーしましょう。

4.打ち終わった後にすぐに動かずに素振りなどでミスの原因を考える。

※それよりも次のショットをどうするか考えた方が良いです!

5.すぐにカートに乗る。 ※例えば100ヤードからはパターも含めて何本か持ってグリーンまで歩く習慣をつけると良いですね。

6.予備のクラブやボールを持ち歩いてなくてカートに取りに戻る事が多い。 ※SWやパター、ボールは持ち歩いていると結構便利ですよ。

7.プレーし終わったグリーンでスコア記入。 ※とりあえずカートに戻って移動中に記入するか、

次のティーグラウンドで「プレーしてから」記入する。 もしくは1番上手い人に任せる(笑)

いかがでしょうか? まずはハーフ2時間を目指してみてください! すると18ホール終了後にあとハーフ行けたり、

渋滞になる前に帰れたり、 たくさん良い事がありますよ! スムーズに楽しくプレーできるように頑張りましょう!





【プロブログ】スマートゴルフセンサー導入しました!

「スマートゴルフセンサー導入しました!」

みなさま、こんにちは! ゴルフステーション新宿の齋藤です。  

先日、当店ではSONYさんのスマートゴルフセンサーを導入しました!  

ゴルフクラブにセンサーをつけてボールを打つだけで、

インパクト時の以下の項目が測定できちゃいます!

①フェースの向き   ②スイング軌道

③入射角(アッパー、ダウンブロー)

④スイングテンポ   ⑤ヘッドスピード

⑥3Dのスイング軌跡  ⑦スイング動画  

自分のスマホに専用のアプリをダウンロードすれば、自分のスイングデータ、

動画を記録して残せるので、過去の自分のスイングと比較して、上達を可視化出来るのも 大きなメリット!  

スクールにあるシミュレーションでは今まで測れなかったデータが

「スマートゴルフセンサー」では測定できるので、更なる上達に 一役買ってくれること間違いなしです!

気になる方はぜひ、スタッフまでお声掛けください。

商品詳細はこちら↓↓↓

https://www.atomicgolf.jp/fs/b005/1912-imrm





【プロブログ】ドライバーのスピン量が少ないケース

ドライバーのスピン量が少ないケース

会員の皆様、いつも当スクールをご利用して頂き、誠にありがとうざいます。

ゴルフステーションの阿部です。

毎年新しいドライバーが発売されていますが、

ここである数値に注目していきましょう!

それが「バックスピン量」です。

「前のモデルから買い替えたら飛ばなくなった?」

「以前よりボールが上がりにくくなってしまった。」

「フックが強くなった、もしくはボールがドロップする。」

などの現象が起きた時に見てもらいたい数値です。

ヘッドスピードにもよりますが、適正なバックスピン量は2500回転前後と言われています。

もしバックスピン量が1800より少なくなっていたら要注意です。

近年のクラブはバックスピン量が多いゴルファーが

余分なスピン量を減らして適正値に合わせていく傾向が強いので、

中には減り過ぎてしまうゴルファーもいると思います。

ちなみにABEはスピン量が少なくて、球が低目のタイプです。

同じようなロフトやシャフトの組み合わせで最新モデルをテストしたところ、

「800回転前後」 まで落ちてしまいました、、、

新しいクラブを購入する際に、ぜひ参考にしてみてください!!

GSSでは シミュレーション打席でスピン量などの数値を確認できるので、

色々な試打クラブを試してみてください!