\新宿駅近の最安値/通い放題インドアゴルフスクール

ゴルフステーション新宿

新着情報

ホーム > 【プロブログ】【目指せ飛ばし屋】実は超重要!?グリップの力加減について

スタッフブログ

【プロブログ】【目指せ飛ばし屋】実は超重要!?グリップの力加減について

【目指せ飛ばし屋】実は超重要!?グリップの力加減について

みなさん、こんにちは!ゴルフステーション新宿の齋藤です。

今回は、レッスンしている中で、良くお伝えする事なのですが、グリップの力加減についてです。

「飛ばないんです。」「あちこち曲がるんです。」「全然当たらないんです。」

という方のほとんどが、ゴルフクラブをすご~く強い力で握りしめています。

飛距離を出すためにも、再現性を高め方向性良くスイングを実現するためにも、

グリップをゆるく握る事は、実はとても大切です。

◆◇◆なぜゆるく握るの?◆◇◆

飛距離を出すためにはヘッドを走らせる必要があり、

方向性を高めるためには振り遅れないようにして体の正面でボールを捉える必要があります。

そのためには、グリップはゆるく握り手首を柔らかく使う必要があります。

テークバックで折り畳んだ肘や手首を、インパクトにかけてリリース(解放)する必要があるのですが、

グリップが強すぎるとそのリリースがスムーズに出来ません。

身近なイメージとしては、布団たたきが近い感覚です。

布団たたき棒の先端を走らせて、布団の面に平行にパンッ!と

インパクトするイメージがゴルフで体の正面でインパクトする感覚に近いです。

あとは、少し例えが悪いですが、右手でビンタをするイメージなどもわかりやすいかもしれません。

◆◇◆手首って使っちゃいけないんじゃないの!?◆◇◆

確かに、手首の使いすぎはいけません。

能動的に自分でリリースを意識しすぎて、リリースのタイミングが早くなりすぎると、

アーリーリリースやしゃくり打ちを助長してしまいます。

ただ、手首を使っちゃいけないと考えすぎて、ガチっと固めすぎるのが良くありません。

野球でボールを投げるときや、バドミントンやテニスのラケットでボールを打つときもそうですが、

手首のスナップを使わないと絶対に強い球は打てませんよ!

◆◇◆自宅で出来るオススメの練習法◆◇◆

コロナウイルスの影響で外出自粛している今でも

、自宅で出来るオススメの練習法が「タオル素振り」です。

柔らかいタオルを振る事で、ムチのように先端を走らせる感覚、

ギュッと握りすぎると振りづらい事がわかると思います。

なかなか文字だけで説明するのは大変なので、やり方は下記の動画でご覧ください!

【タオル素振り】

https://www.youtube.com/watch?v=ZXypQ2WvjbQ&t=9s

【タオルでバッグ叩き】こちらもオススメの自宅練習です。

https://www.youtube.com/watch?v=XbjLzILPlJg&t=45s

こちらの練習で、運動不足も解消しつつ適切なグリップの力加減を覚え、ライバルに差をつけちゃいましょう!

ぜひお試しください!

 


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフスクール・レッスンへ
会員の方&初回体験希望の方 レッスン予約フォーム
会員の方&初回体験希望の方 レッスン予約フォーム
会員の方&初回体験希望の方 レッスン予約フォーム
会員の方&初回体験希望の方 レッスン予約フォーム
お客様の声

公式アカウント

から検索

ID:@gqb1178p

QRコードで読み取り

LINEで友達追加!
ゴルフステーション新宿

営業時間:10:00~22:00

日曜のみ :9:00~21:00

電話番号:03-6304-5455

INFORMATION