\新宿駅近の最安値/通い放題インドアゴルフスクール

ゴルフステーション新宿

新着情報

ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

打つ前に考えすぎるな?|ゴルフ名言集

打つ前に考えすぎるな?|ゴルフ名言集

  トム・モリス・シニア|ゴルフ名言集   アマチュアゴルファーになればなるほど、 初心者ゴルファーなら、なおさらだが、     自分がボールを打つ前から、     『空振りしたらどうしよう・・・』 『OBが出たらどうしよう・・・』 『ダフったらどうしよう・・・』     と、ミスをすることばかり考えているアマチュアゴルファーが多いようです。     そういうアマチュアゴルファーには、 この名言をしっかりと覚えておいて欲しいと思います。 確かに、打つ前にミスをしてしまうイメージを 持ってしまうことを、全くゼロにすることは 簡単ではないと思いますが、 そのネガティブなイメージのままショットするのは良くない。     打つ直前には、良いイメージを頭に浮かべながら ショットすることを常に意識してみると スコアアップに繋がるかもしれませんね。     ★トム・モリス・シニア (1821年~1908年) ・全英オープン4勝     インドア体験レッスンはコチラをクリック! 新宿駅近インドアゴルフスクール|ゴルフステーション新宿 お問合せ TEL 03-6304-0199  

スコアアップの心構え|ゴルフ名言集

スコアアップの心構え|ゴルフ名言集

  赤川六郎|ゴルフ名言集   この赤星六郎の名言は、アマチュアゴルファーにも 非常に参考になると思う。     なぜなら、ゴルフの腕前がプロに近づけば近づくほど、 ナイスショットやスーパーショットは求めていないと思う。     逆に、アマチュアになればなるほど、 ナイスショットを求め過ぎているともいえる。     アマチュアゴルファーがスコアアップに必要なのは、 ナイスショットではない。     OBや池ぽちゃ、大きなダフリやトップボール、 グリーン上での3パットや4パット、 バンカーから1発で脱出できないなど、     こういう大きなミスショットの回数を、 いかに減らせるかが鍵だと思う。     勿論、ナイスショットを求めることは必要だと思う。     しかし、我々アマチュアゴルファーは、 ナイスショットが打てる条件が揃っている ゴルフ練習場でも、ナイスショットを続けて打つことは難しい。     そうなると、実際のコースでナイスショットを打つことが いかに難しいことなのか?は容易にわかる。     スーパーショットが100%だとしたら、 ナイスショットが80%。 まぁまぁのショットが60~70%としたら、     まぁまぁのショットをいかに多く打つことができるのか? を考えながら練習やラウンドをしてみると スコアアップゴルフ上達に繋がるのではないだろうか。     ★赤星六郎 (1898~1944年) ・米国でのゴルフ経験を日本で普及させることに努めた ・第1回日本オープンをアマチュアで優勝       インドア体験レッスンはコチラをクリック! 新宿駅近インドアゴルフスクール|ゴルフステーション新宿 お問合せ TEL 03-6304-0199  

自分のゴルフに徹する|ゴルフ名言集

自分のゴルフに徹する|ゴルフ名言集

  杉原輝雄|ゴルフ名言集   ツアー1飛ばないプロと言われた杉原プロ。     その彼が、尾崎将司プロ、青木功プロ、中島常幸プロら、 当時3強と言われた選手達を向こうに回して 数々の勝利をおさめ、永久シードをとるほどの実績を残しました。     前出のプロ達を含めて、 出てくる選手は全て杉原プロより飛ばしました。     当然2打目以降は杉原プロが先に打ちます。     同伴競技者とは時に2~3クラブ違う事もありました。     その時彼は、自分の技術を駆使して必ずグリーンに乗せてきます。     乗らないまでもスコアを崩さないエリアに置いてきます。     これをひたすら続け、同伴競技者とはまた違った形で スコアを作っていきます。     同伴競技者は飛んだという優越感から一転、 上がってみればいつも同じスコアだと損した気分になり、 精神的に乱れが生じ結果、崩れていきました。     小が大を食う戦法とも言っていた杉原プロ。 それができるのがまた、ゴルフの楽しいところかもしれません。     インドア体験レッスンはコチラをクリック! 新宿駅近インドアゴルフスクール|ゴルフステーション新宿 お問合せ TEL 03-6304-0199  

握り方を再確認してみませんか?|ゴルフ名言集

握り方を再確認してみませんか?|ゴルフ名言集

  グリップ握り方|ゴルフ名言集   この名言は、 かつて青木プロがツアーで戦っていく為には 球筋をドローからフェードに変える必要があると グリップを苦労して治した時の言葉です。     恵まれた体から放つ圧倒的な飛距離も、 極端に曲がってしまうと さすがの魔術師もスコアーメイクに苦しみ、 最初の8年間は未勝利でした。     そんな彼が一度染み付いた癖を必死で治したそうです。     同じような話は、ジャンボ尾崎プロからも聞いています。     レッスンの初期に正しいグリップの指導があります。 覚えていますか?     取り返しのつかない程、変な癖がつく前に もう一度再確認してみてもいいかもしれません。     インドア体験レッスンはコチラをクリック! 新宿駅近インドアゴルフスクール|ゴルフステーション新宿 お問合せ TEL 03-6304-0199  

パットは直感がいい!?|ゴルフ名言集

パットは直感がいい!?|ゴルフ名言集

  パッティング|ゴルフ名言集 グリーン上では、 長い距離や、絶対に決めたい短い距離などの時に、 ラインを読むのに時間がかかったり迷う時がある。     結果、ラインを読み間違えたり、 ラインを気にし過ぎてしまいタッチが合わなかったり してしまう経験は、誰もがるのではないだろうか?       簡単に、打ってしまうのもいいとは思わないが、 ジョージ・ダンカンの名言を信じてみて、 難しいラインでも、第一感を大切にして、     読み直すことなく、打ってみるラウンドをしてみるのも いいのではないだろうか。     インドア体験レッスンはコチラをクリック! 新宿駅近インドアゴルフスクール|ゴルフステーション新宿 お問合せ TEL 03-6304-0199